HOME←最近の木星画像から ( 2018/06/22 UT )


最近の木星画像から ( 2018/06/22 UT )




・透明度は非常に良かったが、肝心のシーイングの方は良くなかった。(特にカラ−カメラでの撮像時)
・永続白斑BAの後方の「STB Ghost outbreak」は、BA直後の前半部とその後ろの後半部が途切れているのが良く判る。後半部は右肩上がりに傾いていて、SSTB(南南温帯縞)に接近している。
・STrB(南熱帯紐)の「STB Ghost outbreak」の下方の領域は、その後方の領域と比較し、紐の太さが細い。
・体系U100度付近より前方は、SEB(南赤道縞)の北組織が明化し、EZ(赤道帯)領域が淡い黄茶系に着色しているので、同系列の色合いの領域が広がり昨シーズンまでの見え方と大きく異なっている。STrZ(南熱帯)が白く非常に明るい為、EZ領域の着色が余計に目立つ。
・北縁の後退が目立つNEB(北赤道縞)であるが、体系U30度から80度付近は、SEBとそれほど変わらない太さである事が判る。
                     ※画像をクリック、再クリックするとフルサイズの画像になります。
最近の木星画像から ( 2018/06/22 UT )・・・・・・・・・・撮影/菅野清一 氏 (山形県上山市)



HOME
←最近の木星画像から ( 2018/06/22 UT )


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ Copyright (C) 2017 Seiyukai. All Rights Reserved. ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

星空同人・星遊会