HOME← 2020/09/08 UT の木星画像


2020/09/08 UT の木星画像




天候とシ-イングに恵まれず、今回が9月最初の報告になります。
木星に合わせて撮像開始時間を早めましたが、最初のカラー画像撮像時は気流が安定せず、多数撮像してみたものの全てボツになりました。IR画像の撮像時は少し落ち着いてきましたが、その後は靄の様な雲が発生して透明度が悪化し、合わせる様にシーイングも劣化していき、最後には木星が見えなくなり、1セットのみの報告です。
久し振りに見た攪乱現象「NTBs jetstream outbreak」は、前進しながら長大な姿に成長していました。メタンバンド画像を見ると、先頭の輝点だけでなく後方の黒い雲の間と思われるいくつかの箇所も明るく見えるので雲が高層まで湧き上がっていると推測出来き、木星の巨大な嵐のエネルギ-を感じる事が出来ます。
現在木星上では、NTrZ(北熱帯)の3ヶ所で、攪乱現象が発生しており、私は今回の画像にある最初に発生(8月18日)したものしか見ておりません。今回は得られた画像が少ないので、この攪乱現象の移動量を、位置測定ソフトWIJUPOSでの位置測定データから算出してみました。(先頭の輝点の測定値; 体系Uの値を使用)
 
・8月18日 体系U=91.1度  ・8月25日 体系U=4.6度  ・9月8日 体系U=189.5度
移動量  8月18日→8月25日 約12.4度/日     8月18日→9月8日 約12.4度/日  
 
当然と言えば当然ですが、移動速度は変化しておらず、木星面最速のジェット気流に乗っているので非常に早く移動している事を実感出来ます。
他の2カ所の攪乱現象を含め、この領域「NTrZ(北熱帯)及びNTB(北温帯縞)」の動向が楽しみです。 
補足;画像のNEB(北赤道縞)の向かって左端側に見える明るい輝点は衛星エウロパの本体で、右端側の黒点はその影です。
画像をクリック、再クリックするとより大きな画像になります。 参照 <09/10 APoD>  (2020/09/10)

2020/09/08 UT の木星画像・・・・・・・・・・撮影/菅野清一 氏 (山形県上山市)




HOME
← 2020/09/08 UT の木星画像


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ Copyright (C) 2017 Seiyukai. All Rights Reserved. ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

星空同人・星遊会