HOME← 2021/10/29 UT の木星画像


2021/10/29 UT の木星画像




 今回もシーイングが良くなく、しかも変動が激しいのでいつもの「数打てば当たる」方式の撮像をしましたが当たりはなかなか出ず、少ないショットでのコンポジット(De-rotation処理)のため粗い画像になってしまいました。2セット目のカラ−画像の撮像後に雲の来襲を受け以後の撮像を断念しました。今回の木星面は、GRS(大赤斑)とその後方の領域になります。
 今回もベストショットと言えるものがありませんが、2セット目の「カラー画像」が他よりは若干マシです。
今回の木星面で気が付いた点を以下にコメントします。

・前回の10月14日の報告でSSTB(南南温帯縞)に存在している高気圧性の小白斑AWOの「A1」が、GRS(大赤斑)の真上までが前進してきた旨の報告をしたが、AWOの前進速度が速い為今回はその後方にあった「A2」がGRSの上方まで移動してきた事が確認出来る。

10月10日の報告でGRS後方のSEB(南赤道縞)の南縁(上側)の広い範囲に暗斑群が連なっており、この領域の活動の活発な様子を報告した。今回もほぼ同様であるが若干活動が弱めか?

・この経度領域のEZ(赤道帯)、NEB(北赤道縞)も、10月10日の画像との差は認められない。

画像をクリック、再クリックするとフルサイズ画像になります。  (2021/11/03)

2021/10/29 UT の木星画像・・・・・・・・・・撮影/菅野清一 氏 (山形県上山市)




HOME
← 2021/10/29 UT の木星画像


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ Copyright (C) 2017 Seiyukai. All Rights Reserved. ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

星空同人・星遊会