HOME←≪星景写真≫ きぼうの桜 (宇宙桜・宮城県南三陸町)


≪星景写真≫ きぼうの桜 (宇宙桜・宮城県南三陸町)


≪星景写真≫きぼうの桜 (宇宙桜・南三陸町)

南三陸町・戸倉公民館敷地の、志津川湾の見える場所に植えられている 「きぼうの桜 (宇宙桜)」 です。

「きぼうの桜 (宇宙桜)」 は、「有人宇宙システム株式会社」 が行った宇宙文化事業 「花伝説・宙へ」 で、
日本各地14ヶ所で少年少女の手で集められた本邦屈指の名桜たちの種 (各約200粒) が、
2008年11月から若田光一宇宙飛行士と共に国際宇宙ステーションに約8か月半滞在し、地球帰還後にそのごく一部が発芽し、成長したものです。
宇宙桜による 「きぼうの桜」 計画が、「一般財団法人ワンアース」 が東日本大震災など大災害からの復興に活用され植樹されています。
長命で巨樹に成長することが期待できる宇宙桜を津波到達点などに植え、千年風化しない避難の目印、そして復興のシンボルとして大震災の記憶と教訓を伝承する事業です。
東北3県の全被災都市へ2021年中に植樹を目指していたということです。東日本大震災以外の大災害の被災地にも植樹が進められてきています。

この場所のすぐ下には、震災前に入り口にモアイ像のあるパーキングエリアがあり、神割崎に出張撮影に来た時に何回か仮眠を取った思い出があります。
震災前はパーキングエリアの背後の高台に戸倉小学校あり、それが現在の戸倉公民館になりました。
戸倉小学校は15mの高台にあったものの、2方向から津波が押し寄せ、約22.6mの高さ一階の天井近くまでになって押し寄せたそうです。
公民館の中には震災記録室があり、当時の状況を伝える展示品が公開されています。
薄雲が広がってきて残念な空になってしまいました。 ・・・下のパーキングエリアは無くなっているので、どっかで少々休んで日和見かな・・・。
※ 画像をクリック、再クリックするとよ り大きな画像になります。  (2021/12/31)
≪星景写真≫ きぼうの桜 (宇宙桜・宮城県南三陸町)・・・撮影/鈴木徳実 (山形県酒田市)




HOME
←≪星景写真≫ きぼうの桜 (宇宙桜・宮城県南三陸町)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ Copyright (C) 2017 Seiyukai. All Rights Reserved. ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

星空同人・星遊会